半沢直樹

Posted By on 9月 5, 2013

最後には半沢直樹が勝つとわかりながらもドキドキします。

どちらかと言えばあまりドラマは見ない私なのですが、新聞や雑誌で「半沢直樹」の内容や視聴率がブームと言っていい程騒がれているので、遅ればせながら3回目の放送から参戦する事にしました。

3回目からの参戦でドラマについていけるかな?と不安に思っていたのですが、そんな心配はご無用・・・という位、ドラマの後半にはあっという間に半沢直樹に魅せられていました。
ひとつには誰もが想像できる、わかりやすいストーリーというのもあり、何回目から見ても楽しむ事ができるドラマだと思いました。

どんなに半沢直樹がピンチに陥ったとしても、最後には必ず主人公が勝つ事が想像できる勧善懲悪なストーリーなのですが、それがかえって清々しいくらいで、毎回ドキドキしながら楽しんでいます。

半沢直樹をみようと思ったきっかけに、私の若い頃の仕事(銀行勤務)があります。
私が勤めていた金融機関はいわゆる政府系?といわれるおっとりとした感じの金融機関だったので、半沢直樹を窮地に陥れる支店長のようなものすごい悪人もいなければ、半沢直樹ほどバンカーである事に誇りを持ち仕事ができるような人にも残念ながら会うことはできませんでした。

ですが、銀行員は男芸者と言われる位の出世の厳しさでは似通ったものがあり、昔を振り返りながらドラマを楽しんでいます。

About The Author

Comments